後付け固定できるスマートロック

オペロ シリーズ

「脱・物理鍵」
鍵の運用スタイルを変える

既存の鍵に簡単に取り付けられて、解錠スピードが早く、インターネット環境がなくても遠隔で解錠権限の受け渡しが可能な使いやすいスマートロックです。

OPELOが選ばれる理由

後付け固定できる
スマートロック

両面テープではないため、落下リスクもなく、ドアを傷つけずに設置が可能です。
電池残量がなくなっても外部給電が可能なため、安心して利用できます。

通信不要の
安心セキュリティ

ネットワークを利用しないため、ランニングコストもかからず通信トラブルリスクもありません。維持費は電池代金のみです。空室時の電源問題も心配ありません。

パスワード活用による
入退室管理が可能

多種多様なワンタイムパスワードで管理ができ、アプリインストールせずに修繕業者や仲介会社への鍵の受け渡しの遠隔化・自動化が可能です。OPELOにスマホをかざすだけで解錠可能で、どのパスワードでいつ入室したかも分かるのでとても安心です。

様々なアイテムで
遠隔解錠

ICカード、スマートフォン、シリンダー錠、暗証番号など多数の方法で開錠でき、毎日鍵を持ち歩く煩わしさから解放されます。NFC通信活用のため、アプリの立ち上げは不要で、Bluetoothより圧倒的なスピードで開錠が可能です。

情報セキュリティ規格
ISO/IEC27001取得

「開錠履歴3,000件の保存」「オートロック機能」「不正開錠時の警報ブザー」など、高度なセキュリティ機能を搭載しています。
誰がどのパスワードででいつ解錠したかのログが本体に保存されます。(特許取得済)

テクノロジーと
特許で差別化

接続が切れやすく繋がりにくかったりペアリングに時間を要するBluetoothとは異なり、OPELOはNFC(特許出願)で解錠できます。
解錠キーの分散化によりセキュリティ対策がされているので安心です。

OPELO

不動産管理の鍵受け渡し省人化

フラッグシップのOPELOは、特に不動産賃貸管理会社様にご利用いただいております。
2つのモードで管理会社様のコスト削減と入居者様の安全性・利便性の向上を実現できます。
入居時は通勤などでご利用の交通系ICカードや社員証カード、小売店等のICカード、パスワード、スマートフォンで開閉する事ができます。退去の際もわざわざ鍵を交換する必要がありません。
空室時は期間限定のパスワードを事前に発行できるため、セルフ内覧や民泊にも対応する事ができます。

LINE UP

業種・用途に合わせたラインナップ

OPELO entrance

集合住宅共用部の入退室管理

集合住宅エントランス部の玄関機に後付け設置可能なスマートロックです。
集合住宅の場合、入居者だけでなく新聞配達、宅配サービス、ハウスキーピングなどの不特定多数の方たちが入退室する機会が多くなるため、その入退室管理用にご利用いただくことを主とした仕様にアップデートされています。
集合住宅以外でも、コワーキングスペース、民泊などでも活用されています。

OPELO commons

店舗・オフィス・住宅の入退室管理

鍵管理でお悩みの、あらゆる業種で利用されています。様々なシチュエーションに対応可能です。幅広い用途を想定し、ワンタイムパスワードの発行が細かく設定でき、入退室管理に特化した仕様となっています。
OPELO entrance 同様、不特定多数の入退出管理が可能で、鍵管理業務の効率化を図ります。

「脱・物理鍵」により既存の業務は
効率化
既存のスペースは活性化

業務効率化

  • 賃貸物件管理
  • 民泊物件管理
  • 簡易型オフィスセキュリティ

物件利用価値拡大

  • シェアサービス利用
  • コワーキング利用
  • 地域活性コミュニティ利用

さまざまなシーンで活用可能

製品特性

3つの強み

01

3つの「強」

  • 強固なセキュリティ
  • シリンダーに強力固定
  • 信頼性の高い強度

02

3つの「安」

  • 安全なパスワード管理システム
  • 大規模工事不要で安価に導入
  • 業界No.1の安定の解錠スピード

03

3つの「可」

  • 多拠点管理可能
  • API連携可能
  • アプリでのワンタイムPW譲渡可能

固なセキュリティ

ワンタイムパスワードは常にクラウド上に自動生成されており、ホストがその情報を拾いに行き解錠者に伝えるだけなので、パスワード発行時と解錠時にインターネットを介さない独自な仕組み(特許取得済)となっています。
そのため、データ漏洩やハッキング等の心配は一切なく、セキュリティ性が非常に高いです。
通信障害や災害によってネットワークが利用できない場合でも問題なくご使用できます。

シリンダーに力固定

数あるスマートロックのなかには、ドアに両面テープで貼りつけて使用するタイプが多く存在しますが、OPELOは既存のドアシリンダーにしっかり固定するので落下の心配がなく、日常で使う上での不安は一切ありません(特許取得済み)。
シリンダー最大手のMIWAの他、あらゆるメーカーのシリンダーに対応しています。
また、入退室管理ができるスマートロックの中で唯一屋外に設置して使用可能です。

信頼性の高い

OPELOは、長らく日本の電力量計を作り続けている「大崎電気工業株式会社」が企画・製造するスマートロックです。
屋外でも長期の耐用性がある電力量計を作る技術力があるため、
ものづくりにおいて高水準、高い信頼性のある製品であることをお約束します。

全なパスワード管理システム

運用に合わせ発行権限の設定が自由自在にできます。日時、曜日、有効期間、限定利用など、オールマイティな設定・管理・パス発行など、多人数・さまざまなシチュエーションの利用を想定し対応できる仕様になっています。

大規模工事不要で価に導入

既存のドアに対し、大掛かりな取付工事・電気配線工事は不要なのでコストも抑えられます。もちろん、現状復旧もカンタンです。
他の大多数のスマートロックだと、従来の鍵も必要なため、設備費用が増加します。
耐用年数である7年間は鍵交換が不要なので、トータルコストはリーズナブルです。

業界No1の定の解錠スピード

通信環境やスマートフォンに依存するWiFiやBluetoothと比較し、安定した解錠が可能です。スマートフォンのバッテリー残量やハッキングの不安もありません。ICカードやスマホを鍵とした時の解錠スピードは、他のスマートロックよりも圧倒的に早いです。
ICカードやスマホを持った手でOPELOの上部をを押すだけで解錠できる、ストレスフリーなスマートロックはOPELOだけです。

多拠点管理

人事異動の際に拠点毎に行っていた認証情報の登録・削除作業等からも解放され、本社で一括管理も可能です。また、コワーキング、スポーツジム等も1枚のICカードで複数拠点で曜日・時間指定で入室も可能です。誰がいつ入室したかのログも取得できるため安心です。

API連携

APIで自社システムとの連携も可能です。自社システムを活用して業務のDX推進に貢献します。

アプリでワンタイムPW譲渡

建物・部屋ごとに「日時・曜日・時間」と解錠権限をきめ細かく設定し、
アプリ内でワンタイムパスワードの譲渡が可能です。
インターネット環境がなくてもスマホのみで解錠権限の受け渡しができます。

いままで、すべて兼ね揃えた
スマートロックがありませんでした

物理的な安心感と多彩な
システムを併せ持つ
OPELO Series

  • 強固なハードとセキュリティ
  • 入退室管理システム
  • 多様な利用シーン

既存シリンダーを活かし
多彩な解錠方式を提供します

OSAKIだから提案できる
新しい鍵のありかた

OPELOの開発ストーリー

OSAKIが今までやってきたことの延長線上に
OPELO開発がある

スマートロック『OPELO(オペロ)』は、OSAKIが展開するホームIoTサービス、
「home watch」の一環として開発されたものです。

「home watch」やその他のサービスを包括する「watch series」は、

これまでの技術にIoTやAI技術を組み合わせることで、環境を計測し “見える化” するサービスです。
時に見守り、時に接続・制御しながら、人とモノ、人とサービス、人と人をつなげることで日々の暮らしやビジネスがもっと快適で安全になるインフラを創造するために生まれました。

これらの一連のサービスだけ切り取ってみると、客観的には大崎電気が新しいことを始めたように見えるかもしれませんが、私たちにとってはあくまで、これまでの延長にある事業に取り組んでいると考えています。
『見えないものを見える化して、安心を与える』という点は変えず、時代に合わせて事業の形を変容させているのです。

きっかけは home watch で行った不動産管理業の市場調査でした。

不動産管理業は100年にわたり伝統的な方法で業務をこなしてきているということがわかりました。
そこにテクノロジーが加われば、一気に業務効率化できると考えたのです。

また社会情勢を鑑みても、人口減による賃料下落や人材の採用難の問題は必ず出てきますし、
テクノロジーによる業務効率化の恩恵は大きいはずと考えました。
そうすれば管理業務が楽になるのはもちろん、当然その先にいるお客様の利便性も向上しますから、その両立をめざそうと考えました。

その中でも着目したのが、内見時や空室時の鍵管理や受け渡しなどにおける課題でした。
特に地方では担当エリアが大きく、鍵を一つ取り付けにいくだけで
非現実的な時間がかかってしまう、といった悩みを抱えていました。
その課題解決にチャレンジすることは、OSAKIにとって社会的意義があるのではと考えました。

そして、管理業者の課題解決に寄与することで、より多くの人の幸福につながる、
管理会社と手を取り合って、入居者さまの幸せに貢献する、
多くの人の生活を向上させる、という大きなビジョンをもって生まれたのがOPELOです。

OPELOの特徴は以下の通りです。

  • ・他社製品のような両面テープ止めではなく、シリンダー固定なので落下リスクがない
  • ・ネット環境を必要としないため、既築物件の空室時にも稼働できる
  • ・ISO/IEC27001取得の高いセキュリティ
  • ・テンキー、カードキー、そしてスマートフォンなど、さまざまな解錠方法に対応
  • ・日本で一番、幅広い扉に対応した鍵
  • ・管理会社だけでなく鍵の取り付け業者とも協働して開発
  • ・考え抜かれた使い勝手とデザイン

上記いずれも、管理会社、開発会社、鍵取り付け会社、自社開発メンバーと
何度も念入りにディスカッションしながらつくりあげてきました。
電力量計と同等の、高い開発水準でかたちにしてきました。

いますぐお問い合わせ